川崎ナビ - 相談事例

Ver2.0

遺産相続問題の相談事例 川崎市の弁護士

川崎市に住む女性Bさんの父親が亡くなって、遺産相続することになりました。Bさんの母親は既に亡くなっていたので、相続はお姉さんと二人で行います。相続する遺産はお父さんが生前に暮らしていたご自宅の不動産と、預金でした。Bさんはお姉さんと遺産を半分ずつ相続するつもりでしたが、お姉さんがそれに反対してトラブルへと発展したため、弁護士に相談に来られました。

お姉さんは、「お父さんの面倒を見ていたのは私なのだから、遺産を多くもらうのは当たり前だ、何もしなかったあなたと同じ額の相続では不公平だと思う。遺産の3分の2以上をもらわなければ納得できない」とBさんに強く訴えたのです。

弁護士はBさんの相談を受けて、これからの対応をどうするか話し合いました。Bさんのお姉さんには弁護士などの代理人が付いていなかったので、当事者どうしの話し合いでは決着が付かないと考えて、家庭裁判所で調停を行うことにしたのです。そこでお姉さんも弁護士に依頼し、調停委員とお互いの弁護士が何度も話し合いを重ねました。

調停での話し合いの結果、お姉さんは、このような事例では法定相続どおり遺産を二等分するのが当然で、特別に遺産を寄与することは認められないことに納得し、和解が成立したのです。不動産は任意売却で高値で処分し、お父さんの遺産を姉妹で半分ずつ相続しました。

今回のような事例では、当事者だけで話し合っても、決着がつかないことが多く、いつまでたっても話は平行線をたどるだけです。早期に弁護士が介入することで、法的な妥協点を客観的に理解してもらうことができ、スムーズな解決が目指せます。調停で法的にトラブルを解することで、お互いが感情的にならずに、納得の上で和解できました。もし、合意に至らない場合でも、裁判官が審判を下せば、解決できる事例がほとんどだと弁護士は述べています。